2/17/2012

アメリカのフレキシビリティは実力者にのみ許されるのか

自分は機械工学科でナノテクを研究するという少々マイナーなことやってまして,ナノテクといえば学問が確立されている材料や電気や物理工学で勉強したほうがいいと思い,アメリカの博士課程に行くなら学科を変えようと思っていたわけです.それでいろいろな人に「学科を変えることができるのか」と訊くと「アメリカでは学科を変える人なんてたくさんいるよ.だから大丈夫さ!」と答える人が沢山いました.それと,自分は修士卒で留学しようと思っていたので「アメリカで博士号取ったら30過ぎちゃうんだけど....」と言うと「アメリカでは企業から博士課程に戻ってくる人もいるし,年齢で人を差別しないよ,大丈夫さ!」と言って下さる人も沢山いました.