1/28/2012

落合博満「采配」 自分を磨く方法は自分で考えよう


采配采配
落合博満

ダイヤモンド社 2011-11-17
売り上げランキング : 44

Amazonで詳しく見る by G-Tools

日本野球界という実力社会で選手としても監督としても結果を残してきた落合博満の新作.競争社会で結果を残すために落合博満が行なってきたこと,落合博満の哲学,コーチング術が記されている.

この本で一番共感したのは「俺のやり方はお前のやり方ではない」(P280)という考え方だった.新人選手が先輩やコーチに技術習得のアドバイスを貰うことはよくあるらしい.しかし,それが伸び悩む原因になり,才能を潰してしまうそうだ.自分の強みは何なのか,コンディションはどうやって整えたらいいのか,結果を出すにはどうしたらいいのか,それは個人個人で異なるのだから誰かの真似をしても上手くいかない.落合博満は著書の中で自分で考えて行動することの重要性を語っている.方法論は自分で考えろと言っているので自己啓発本としては良いのかわからないけど強く同意する.

1/21/2012

気の利いたアドバイスをすることの難しさ

研究活動を初めて早3年.あと3週間で修論提出ということで修論の着地点をさぐりつつ論文を書いています.「大学院に行けば問題解決能力が身につく」と誰かが言っていて本当にそんなもの身につくのかなと思ってましたが,振り返ってみると確かに問題を解決する能力が向上しているように思います.研究活動というのは新しい知識を生み出すための活動であり,そのためには発案,調査,計画,協力,議論,発表,実験,解析,考察と様々な能力が必要となります.この3年間でそれらの能力が少しは身についたように感じます.

研究をやっていると論理の穴というものがよく目につくようになってきます.経験上はこうあるべきなのになぜかそれに合わないという場面によく遭遇します.予想通りに実験がうまくいかないとか,相手の論理のおかしい所が目についたりとか,論文の良し悪しが判別できるようになったりとか,そういう感じのことです.個人的な経験だと後輩(学部4年生)の研究計画や実験計画,発表における穴というのが本当によく目につきます.それを元に,この実験はこういうプロセスで行ったほうが良いとか,発表のストーリーはこういうのが良いんじゃないかとか,アドバイスしていくわけです.

でも最近は欠けている部分を指摘するだけでは駄目だなぁと思うことがよくあります.というのは,今年の4年生があまりにも優秀だからで,基本的に一度指摘した穴は完璧に修正してくるか,指摘せずとも最初から申し分ないケースばかりなので.そういう後輩に対しては今までやってきた欠けている部分を指摘するという行為は不要だし,粗探しばかりでは後輩が得るものがあまりないと思います.それに欠けている部分を指摘するのは揚げ足取りみたいだし,他の誰でも簡単にできることだなとも思いまして,より建設的で気の利いたアドバイスが出来るようになれないかと思うに至りました.

1/07/2012

2011年に最も読まれたエントリ

今後何年続くかわかりませんが個人的な記録という意味でも一応まとめておきます.


1.自分のレールは自分で敷け
渡邉正裕さんにTwitterで2回くらい紹介されてPVが1000を超えました.

2.レアジョブ(Skype英会話)を1ヶ月やった感想
検索してこのエントリにたどり着く人が多いみたいです.PVは1000を超えていてコンスタントにアクセスがあるのは1位のエントリよりむしろこっちです.

3.IELTS初受験の感想
2位と同様,IELTSという検索ワードで来る人が多いです.

4.留学の不安要素2:年齢
意外でした.みんな年齢を気にしてるってことでしょうか.

5.授業で「良い質問ですねぇ」と言われる質問の仕方
Twitterで紹介したら思ったより反響がありました.

6.Scientific American 60-Second Scienceを使ったlisteningの勉強
周囲にはTEDを推す人が多いんですけど個人的にはこっちのほうが好きです.

7.東大生が英語ペラペラなわけがない
どうにかしてこの現状を打破したいですね...

8.学部卒で留学したほうが良いかもしれない
今でもこの意見は変わってないですね.

9.評価軸の多様性
愚痴をTwitterで紹介したら意外とふぁぼられて(共感されて)驚きました.

10.MITの一部学科でTOEFL廃止
今後米国大学院の試験はIELTSに移行していくのでしょうか.個人的にはTOEFLの会場の劣悪な環境が耐えられないのでIELTSの方が良いと思いますけど(5週間前に申し込まないといけないのは大変ですが).

よく読まれた記事を分類すると検索ワードに引っかかりやすい記事,Twitterで紹介したらよく読まれた記事(エッセイ的なものと個人的なもの)が良く読まれている事がわかります.最初は評論っぽい記事も書いていたんですがネット上には自分より優れた主張をする方が数多くいらっしゃるのでそういう記事はあまり読まれずに留学に関するtipsやエッセイの方が差別化されていてよく読まれるようです.今後は留学関連で参考になりそうな話とエッセイ(というか個人的な愚痴)が重点的になるかと思います.

私事ですが,昨年末にアメリカの大学院に出願したので,その結果次第で9月からアメリカの大学の博士課程に行けるかどうかが決まります.どこにも合格しなかった場合は,今年の4月から日本の大学の博士課程に進学するので日本に留まることになると思います.あーどっか受かってくれないかなー...

今年も当ブログをよろしくお願いいたします.