4/28/2012

メモ書きによる思考の整理術

ブレークスルーパートナーズの赤羽雄二さんはA4の紙に自分の考えをアウトプットする「メモ書き」を推奨しています。最近この手法で毎日10ページ書くようにしているので、自分にプレッシャーをかける意味でここに記録しておきたいと思います。

メモ書きについては以下のサイトの177ページ(関連資料は176~180ページ)に載っています。
http://www.slideshare.net/yujiakaba/ss-7021997

どのようなものか簡潔にまとめると

・A4の紙(横向き)にタイトルと日付を書く
・タイトルの下に現状・解決策・アイデアなどを書いていく
・本文は4~6行
・1ページを1分くらいで書く。とにかく速く書く。
・分野別にまとめて後日見直す

といったことを行います。

メモ書きの一番の効果は頭が整理されて自分が何を考えているのかが明確になるということです。頭がモヤモヤしている時にとりあえず自分の考えていることをひたすら書いていくと、頭ではまとまっていなかったことが何故か紙の上でまとまっていきます。例えば課題に関して自分が思っていることを列挙すると、「ああそういえばこういうことも考えないといけないな」ということが浮かんできて、それに対してどうすべきかを考えることができます。

私がメモ書きにすることの多くは「今後どうすべきか(to do list)」と「課題の現状認識と解決策」に分類することができます。例えば今日は何をすべきかを考える時、まずは自分のすべきことをリストアップし、各項目に対する所要時間と優先度を考えながら、今日どのタイミングで行うかを頭で考えるよりもずっと速く導き出すことができます。研究やその他自分が持っている悩みに対してはまず課題がどういうものなのかを列挙することで現状を正確に認識することができます。更にその課題を解決できそうな案を列挙することで良いアイデアが浮かんでくることもあります。頭の中だけで解決策を考えることはできないことではないと思いますが、メモ書きをしたほうが圧倒的に頭の中が整理されるのでより良いアイデアをより速く導き出せるような気がします。

メモ書きを継続して行うことで頭の整理がより効率的にできるようになりましたし、メモしない状態でも思考の整理と現状認識の速度が上がったような気がします。毎日10ページ書くのは1週間くらいしかやっていないので本当か?という感じもしますが今後変化があれば報告したいと思います。

実は私は紙に書くと言うよりもEvernoteに記録している方が多いんですけどね。。。赤羽さんはいつでもどこでも書ける紙を使うのを推奨していますが、書くよりタイプする方が速く書けるというのと、検索・タグ機能が便利というのと、モチベーションを維持するにはPCの方が良いという理由がありまして、最近ではEvernoteをメインで使っています。

赤羽さんは「とにかく毎日10ページ書くように」と仰っています。1日10ページでなければメモ書きは数年間行なっていますがやはり最低10ページ書いた方が良いなと最近思うようになったので、頑張って毎日10ページ書くのを続けたいと思います。

2 件のコメント:

  1. 参考になりました!
    最近、「考えがまとまらない」や「アイデアをうまく現実の案に落とし込めない」などもやもやが続いていたんですが、早速試してみます(^^)
    ありがとうございました!!

    返信削除
    返信
    1. コメントありがとうございます。そう言って頂けると嬉しいです。
      頭の回転が速くなる・アイデアたくさん生まれるというのは定量的に評価しにくいので、上手く説明するのは難しいのですが、頭がモヤモヤしているときはまずは紙に書いてみるとスッキリするというのは私の経験ではよくあります。

      削除