6/27/2011

日米の博士課程におけるキャリアの積み上げ方の違い


米国大学院学生会のニュースレターに東工大助教の坂本さんが寄稿している.その中にある「米国大学院の利点」が良くまとまっていて素晴らしいので紹介したい.



  1. 米国の大学院は、極めて質の高い講義を提供している。講義についていくのは大変だったが、自分の研究分野以外も含む広い専門知識が体系的に学べ、様々なバックグラウンドを持つ教員・学生と議論する経験が得られた。
  2. 優れた研究環境があった。設備も良かったが、それ以上に教員の質が高く、また集まっている学生も皆モチベーションが高いので、彼らとの議論を通して自分の知識・思考力を引き上げてもらえた。議論を推奨する文化があるのも素晴らしかった。米国の大学は、モノよりむしろ「人」に投資していると感じた。
  3. 米国人だけではなく、様々な国から来た学生・研究者たちと一緒に仕事をすることで、異文化の中でも仕事ができる自信がついた。相手の文化的背景をある程度察してコミュニケーションが取れるようになったと思う。それは、自分自身が米国でマイノリティーとして差別を受けることがあり、そこで食い下がった経験から得た技能に他ならないと思う。
  4. 英語で論文を書く、発表する、議論をすることが容易になり、扱える情報が一気に増えた。
  5. 世界に広がる知り合いのネットワークができた。現在では国際会議に行けば、同窓の研究者たちと飲みに行くし、友人が米国だけではなく様々な国で活躍を始めている。そしてそれ以上に、留学先で出会った日本人たちとの強固なネットワークができたことが素晴らしい。自分と同じような問題意識を持って日本から飛び出した元気な人たちと仲間でいられることは、本当に幸せである。
  6. 最後に、以上のすべてを、学費免除で、さらに生活に十分な(わずかに貯金もできる)月々の給料を受け取りながら享受できた。給料をもらうことで、自分は研究のプロフェッショナルである、というプライドとプレッシャーを持ちながら学生生活が過ごせた。また米国の大学は一般に、研究の支援体制やレクリエーション施設がたいへん充実しており、容易に文献が探せる図書館と、気軽に運動ができるジムは、(学費を払っていないにも関わらず)学生証を持っている利点を活かして大いに利用させてもらった

かけはし2011年6月号4ページより抜粋



これらのメリットには自分も同意する.というか,留学はまだしていないけどこういうメリットがあるから留学を志望している.でも留学のデメリットというか日本で博士号を取ったほうが良い場合もあるので今回はそれについて考えたい.